内壁 左官工事

塗り壁に用いられる素材には、漆喰や珪藻土、じゅらく、シラスなど様々な種類があり、それぞれが異なる特徴や性質をもっています。
いずれも天然素材であるため、ホルムアルデヒドといった化学物質を含まず、シックハウス症候群の心配もありません。
そのため、身体に優しいという理由から、住まいの内壁の施工で取り入れられることが多くなりました。

また、塗り壁は全て手作業で行われるため、自由に模様をつけることが可能です。
表面には小さな穴がつくられ、その穴が湿気や臭いを吸着分解するといった嬉しい効果もあります。

和室・洋室を問わずお部屋の雰囲気に合わせて施工できるほか、温もりのある質感をお楽しみいただけます。

 

内壁左官に使われる主な素材と特徴

漆喰
漆喰は消石灰と天然海藻から精製した糊、麻などのスサを練り合わせてつくります。
呼吸する壁と言われ、調湿性、化学物質の吸着分解などの効果があります。
古くから寺院や民家で広く使用されている人気の素材です。

珪藻土
植物性プランクトンの一種である、珪藻の死骸から形成された多孔質な土のこと。
調湿性、断熱効果、吸音性、遮音性、耐火性に優れた高機能素材です。
近年では体に優しい素材として注目を集めています。

じゅらく土
じゅらく土とは、京都の聚楽第(じゅらくだい)跡付近で産出された黄褐色の良質な色土。
最高級天然土として希少価値のある素材で、和の空間に適した自然な風合いを楽しむことができます。
しかし、その希少価値の高さから手が出しづらく、一般的には“じゅらく土風”に仕上げた塗り壁を指すことが多いです。

シラス
シラスはマグマが岩石となる前に、粉末となった白い物質のこと。
非常に細かい微粒子で、無数の穴が開いた複雑な構造が特徴です。
その無数の穴が湿気や臭いを吸着することで、他の素材よりも高い調湿効果、消臭性、耐候性、耐久性をもち、長寿命と言う大きなメリットがあります。

一覧ページに戻る